CASE52:株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ様納入事例 オフィス移転、レイアウトはコクヨエンジニアリング&テクノロジー


HOME > 納入事例 > CASE52:株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ様

納入事例【CASE52】株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ様

ソニー・ミュージックアーティスツ様はミュージシャン、俳優、タレント、声優、お笑い芸人など芸能人のマネジメントやプロモーション業務を中心に、オーディションの開催、新人の発掘・育成、ライブの企画制作、グッズ販売、ファンクラブ運営、音楽著作権の管理・運用、音楽レーベル業務などを行っています。

所在地
東京都品川区
導入エリア
会議室、プロジェクトルーム

サウンドマスキングシステム、サウンドアブソーション

お客様のご要望
  • 社員から相談の多い、会議室の音漏れを解消したい。
  • 会議室で声が響いて反響するのを抑えたい。
  • スラブtoスラブの完全防音よりコストを抑えたい。
コクヨからのご提案
  • 会議室の音漏れ対策としてサウンドマスキングシステムを提案。
  • 反響音を抑えるために、サウンドアブソーションを提案。コーポレートカラーを取り入れながら大判のパネルをメインに使用してダイナミックに、1枚の絵画となるようなデザインに。
    各部屋でコンポジションを変え、使用する度に印象が変わり、楽しめるようなデザインを提案。
お客様からの声

オフィス移転後、会議室間での音漏れと反響音に悩んでいました。サウンドマスキングはショールームで体感し、サウンドアブソーションはサンプルをレンタルした上でその効果を実感し、導入を決めました。事前に体感できたのが良かったです。サウンドマスキングは音の違和感もなく、隣の部屋にはほとんど何を話しているか聞こえなくなって社員からのクレームも減りました。完全防音の工事をするより手間がなく費用対効果が高いのも魅力的です。サウンドアブソーションも導入後は声の反響が気にならなくなりました。デザインもシンプルで飽きがなく、パーティションに差し色の役割となって「部屋の雰囲気が明るくなった」と社内でも好評です。サウンドマスキングシステムとサウンドアブソーションの掛けあわせで、課題解決ももちろんですがデザイン性もアップした空間になったことは驚きでした。

お見積もり・お問い合わせ

納入事例 一覧 >>

オフィス移転ならKOKUYO HOME いい仕事場を創ろう オフィス移転相談室 オフィスレイアウト オフィスのリフォーム ビルリニューアル オフィスセキュリティ オフィスの防災対策 GLASSシステムの紹介 納入事例
ちょこっとシリーズ ちょこっとリニューアル「ポケット」 ネットワーク移転
商品紹介 サウンドマスキングシステム
会社概要 KET安全衛生協力会 採用情報 コクヨグループパートナーズ リンク集 トピックス Q&A・用語集 セミナーのご案内
コクヨの教育
お見積もりお問い合わせはどうぞお気軽に