オフィスレイアウト講座 オフィス移転、レイアウトはコクヨエンジニアリング&テクノロジー


HOME > オフィスレイアウト相談室 > オフィスレイアウト3つのチェックポイント

オフィスレイアウト3つのチェックポイント

オフィスレイアウト講座

オフィスレイアウト相談サービス申込

オフィスレイアウト事例

オフィスレイアウトを考える上で重要なのが、ゾーニング計画、動線計画、オフィス基準寸法(通路の幅など)です。快適なオフィスづくりには、これらがうまく設計されている必要があります。それぞれの基本的なチェックポイントを紹介しますので、ご自身のオフィスでチェックしてみてください。

ゾーニング計画

オフィスにあるさまざまな機能空間を最もよく発揮できるように、最適の配置を計画することで、各機能空間の必要スペース(面積)と、コミュニケーション(相互関係)を踏まえた配置を行うことが必要です。

【チェックポイント】

来客スペースと社内のワークスペースが分離されているか
来客者との会議時にミーティングコーナーへの誘導がスムーズか
来客スペースと給湯スペース(又は喫茶コーナー)の位置関係
禁煙スペースと喫煙スペースが分離されているか
シンキングを主とする職種者への配慮があるか
役職者の配置に対する配慮があるか

フロアゾーニングの例フロアゾーニングの例

動線計画

各空間が最も効率よく利用できるように、また、家具・備品や機器等が使いやすいように、そして、非常時の避難のために、人の移動する通路を計画することです。
各空間の利用頻度や利用者、建物の設備等をよく把握した上で、設定することが大切です。

【チェックポイント】

メイン(最も人が通る)の動線がしっかり確保されているか
行き止まり(袋小路)がなく、回遊できるようになっているか
動線が余分に余っていないか
メイン(主)とサブ(副)の動線がはっきりしているか?

オフィスレイアウト基準寸法

オフィス空間をプランニングする際に標準とする寸法値のことで、人と人がすれ違う通路の幅や、デスクとデスクの間隔などがどれくらい必要かがわかります。
皆さんのオフィスが狭く窮屈に感じられる場合、基準寸法より狭いのかもしれません。
一度、チェックしてみてください。

オフィスレイアウト基準寸法

参考図書 「オフィスプランニング用語集」(JOIFA、オフィスデザイン研究会)

ちょこっとシリーズ ちょこっとリニューアル「ポケット」 ネットワーク移転
商品紹介 サウンドマスキングシステム
会社概要 KET安全衛生協力会 採用情報 コクヨグループパートナーズ リンク集 トピックス Q&A・用語集 セミナーのご案内
コクヨの教育 官公庁 医療 防災
お見積もりお問い合わせはどうぞお気軽に